東日本大震災から間もなく5年…。

今日はエフエム青森のラジオ番組「ラジMOTT!」にゲスト出演。「18歳選挙権」と「東日本大震災から5年」について語らせて戴きました。MCは鈴木耕治アナウンサー。終始和やかな雰囲気で、あっという間の8分間でした。

国土強靭化をさらに推進

政府が推進している「国土強靭化」を民間レベルで推進する為昨年設立された、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会の三浦惺会長(NTT会長)、金谷年展事務局長(東京工業大学特任教授)とともに、国土交通省に石井啓一大臣を表敬し、意見交換致し…

国土交通大臣へ要望活動

本日は国土交通省を訪れ、三村県知事と共に石井国土交通大臣に青森県の道路事業について要望致しました。「一般国道101号津軽自動車道柏〜浮田間」の早期着工と、「地域高規格道路 下北半島縦貫道路むつ〜横浜21㎞区間」の新規事業化のふたつの重点区間につ…

総務企画常任委員会で質問

昨日開かれた「総務企画常任委員会」で、「18歳選挙権主権者意識向上」の為の、サポーター認定事業の目的と期待される効果について、「当せん金付証票(宝くじ)」の収益金実績とその使いみちについて、国の制度を活用した「奨学金返還支援制度」検討状況…

第284回定例県議会で質疑

「第284回定例県議会」において、会派「公明・健政会」を代表し、議案に対する質疑に立ちました。 青森県立中央病院「県総合周産期母子医療センター」内の受入態勢強化にむけた改修整備費を取上げ、圏域ごとの周産期医療体制の整備について、県の見解を質…

第284回定例青森県議会が開会

第284回定例県議会が開会しました。12月9日迄の16日間の会期中に、知事から議案として上程された議案34件、報告6件について審議されます。本日は継続審査とされていた「議案第20号 青森県工業用水道事業未処分利益剰余金の処分の件」ほか議案5…

第17回北前船寄港地フォーラムin加賀橋立・山中温泉に参加

11月13日石川県加賀市で開かれた「第17回北前船寄港地フォーラム」に参加してきました。 地域資源の掘り起こしは、地方創生を考えるうえで欠かせない視点です。地域の文化や産業の成り立ちを学ぶなかに、地域活性化のヒントが見えてくるものと思います…

主権者教育にむけ覚書締結

明年予定されている「参議院議員通常選挙」からの18歳選挙権導入を受け、学校教育現場での生徒への主権者教育の取組みが課題となっています。 選挙事務を執行する選挙管理委員会と学校との連携強化が不可欠です。この為私は、6月の総務企画常任委員会の席…

第238回青森県議会定例会閉会

10月9日、「第283回青森県議会定例会」が終わりました。これまで設置が見送られてきた「ひきこもり地域支援センター」設置の意向を、県健康福祉部長が初めて明らかにしました。昨日開かれた、ひきこもり親の会「青森さくらの会」に参加の皆さまから、「よう…

新幹線・鉄道問題対策特別委員会で発言

北海道新幹線開業日が来年3月26日に決まったことが明らかにされました。北海道から九州まで高速鉄道網で繋がることになります。歴史的な瞬間にむけ、「津軽海峡経済圏」を提唱する青森県にとっても開業効果への期待が膨らみます。 いっぽう開業日決定ととも…

未来の有権者のために

「平和安全法制」が衆議院を通過した際、「これで日本は戦争の出来る国になった」との中学校教師の言葉に生徒が驚き、帰宅してからどういうことかを親に聞いたと、当事者である母親から聞きました。18歳選挙年齢が来年の参院選通常選挙から適用されることに…

第283回定例県議会で一般質問

9月18日に開会した「第283回青森県議会定例会」において一般質問に立ちました。統一地方選挙後初めてとなる一般質問です。 地方創生に向けた各種取組みの中から、県内定住人口対策として伴走型若年者就職支援の必要性について、あおもり藍のブランド化に向…

青森県戦没者追悼式に参列

青森市内で執り行われた「青森県戦没者追悼式」に参列し、先の大戦で犠牲となられた方々を追善回向致しました。また遺族をはじめ参列者と共に不戦への誓いを新たに致しました。

国の緊急被ばく医療ネットワーク化を推進

これまで放射線医学総合研究所(千葉市)と広島大学が担ってきた国の緊急被ばく医療体制が見直され、新たに「高度被ばく医療支援センター」および「原子力災害医療・総合支援センター」が指定され、ネットワーク体制が強化推進される見通しとなりました。 今回…

青森戦災者・平和記念像供養大祭

終戦間際の昭和20年7月28日に発生した「青森空襲」で犠牲となられた方々を供養する「青森戦災者・平和記念像供養大祭」が行われました。 公務出張中の議長の代理として参列し、焼香並びに弔詞を奉読致しました。今日は70年前と同様、炎天下となり、参…

殉職消防職員・消防団員慰霊祭に出席

公益財団法人青森県消防協会主催の「平成27年度青森県殉職消防職員・消防団員慰霊祭」に、県副知事と共に出席し、公務出張中の県議会議長の代理として「追悼のことば」を述べさせて戴きました。続いて御遺族や消防関係者と共に「献花」を行いました。 青森…

青森商工会議所意見交換会に参加

青森商工会議所会頭をはじめとする役員と、青森市選出の県議会議員との「意見交換会」が開かれ出席しました。青森商工会議所からは若井会頭、3名の副会頭のほか各部会長、委員長の計16名が参加。青森市選出10名の県議会議員のうち5名が参加しました。 …

うとう心臓友の会設立30周年記念式典に出席

6月20日、青森県立中央病院で心臓疾患の治療をうけた患者で組織する「うとう心臓友の会(鶴賀晃会長)」の創立30周年記念式典が青森市内で開かれ出席しました。患者をはじめ会員のほか歴代部長も数多く出席。最近の心臓手術についての講演もあり、大変有…

孫振勇駐札幌総領事を歓迎

6月16日、本年4月に赴任した孫振勇駐札幌総領事が県知事表敬の為来県しました。県知事表敬に先立ち、日頃より中日友好に尽力している関係者との懇談会が開かれ、私も招かれ出席し、親しく懇談させて戴きました。総領事、副総領事とも日本語が堪能で、同…

沖館川をきれいにする会の要望活動に参加

「沖館川をきれいにする会」の役員とともに青森県東青地域県民局地域整備部長を表敬し、要望書を提出しました。「沖館川をきれいにする会」は、沖館川沿いに住む地域住民により組織されている地域団体で、町内会長等が主なメンバーとして登録されています。…

臨時議会開会

県議会議員選挙当選後、初の臨時議会が5月13日に召集され、新たに選出された48名の議員が登庁。議会棟正面玄関で知事、副知事等と記念撮影に臨みました。 私は会派「公明・健政会」の一員として、総務企画常任委員会、東日本大震災対策特別委員会、新幹…

青森市浪岡地域さくらんぼ園を視察

青森市浪岡地域のさくらんぼ園で生育状況を視察しました。温暖な天候で摘蕾(てきらん)作業が例年より早まった一方、降霜が心配されるとのことです。マイナス2度以下になると園地を暖める必要があり、不眠不休での作業になるそうです。サウジアラビア国王…

青森県議会議員選挙4期目当選!

4月12日に投開票された青森県議会議員選挙(青森市選挙区/定数10名)において、11,464票を獲得し第3位で4期目の当選を果たすことができました。ご支援戴きました皆さまに心より感謝申し上げます。15日には青森市内で当選証書交付式がおこな…

青い森鉄道線筒井駅を視察

県立青森高校そばに完成した青い森鉄道線筒井駅を視察しました。無人駅ですが、エレベーターのほか駅利用者用の駐車場も併設されユニバーサルデザインに配慮された駅です。嬉しいことにハートプラスマークの案内板も設置されています。このハートプラスマー…

第280回定例青森県議会が閉会

議案38件と請願1件を可決し、第280回定例県議会が閉会しました。今議会では会派を代表し、任期中最後の一般質問に立ち、人口減少社会にむけた県の取組方針を中心に質問しました。東日本大震災直後におこなわれた県議会議員選挙での当選を受け、震災復興とと…

第280回定例県議会閉会

議案38件と請願1件を可決し、第280回定例県議会が閉会しました。今議会では会派を代表し、任期中最後の一般質問に立ち、人口減少社会にむけた県の取組方針を中心に質問しました。東日本大震災直後におこなわれた県議会議員選挙での当選を受け、震災復興とと…

農政について意見交換

青森県農業協同組合中央会を訪れ、岡山時夫会長と面会。農政について意見交換しました。米の仮払金下落を受け、稲作農家に経営不安が広がっていることもあり、生産者の声を代弁する同会会長の農政に対する忌憚の無い意見を傾聴し、大変参考になりました。国…

県道弘前鰺ヶ沢線防雪柵設置工事現地調査

県道弘前鰺ヶ沢線の石渡〜独狐間全長637メートルの「防雪柵設置工事」進捗状況確認の為、小田桐慶二弘前市議と共に現地調査しました。 長年の懸案だったことから、昨年5月7日弘前市の担当課職員同席のもと、地元町会代表、小田桐慶二弘前市議と共に中南地…

国土交通省から聞き取り

国土交通省都市局市街地整備課(吉澤勇一郎課長補佐)より、「都市再生整備計画事業」と今年度創設された「都市機能立地支援事業」「都市再構築戦略事業」について聞き取りを行ないました。 「都市再構築戦略事業」は、持続可能な都市構造への再構築を誘導す…

決算特別委員会で質疑

10月15日に青森県議会決算特別委員会で質疑した、がん医療に伴う「緩和ケア研修」について、地元紙「デーリー東北」10月16日付け2面に記事掲載されました。 国の「がん対策推進基本計画」では、2017年度末までに、がん診療連携拠点病院の全ての…